外装のリフォームについて説明しているサイトです。

リフォーム

家 リフォーム

リフォームは予算の範囲内で段階的な施工が可能で、できる限り仮住まいを避けることができ、比較的短い工期で完成します。また、長年お住まいになった住まいの思い出を残すこともできます。
ただし、建物の材料や構造、使用の状態によっては基礎や土台、柱や梁などが新品同様でそのまま利用できることもありますが、基礎の劣化や沈下、構造的に重要な部分の腐食があれば、補修の費用はかなり必要になります。どれだけ使える部分が残っているか、不具合を直すのにどのくらいの費用が必要かを把握しておいてください。
一方、立て替えの利点はプランが自由であること。場合によってはリフォームでは対応しきれないような大掛かりな間取りの変更や、リフォームだとかえって費用がかかってしまうような工事が必要な場合もあります。
「リフォーム」か「立て替え」かを検討するときは、まず、希望のプランを実現するためには費用がいくらかかるのかを算出してもらい、それらを比較することが大切です。


話し合い

家は家族みんなが住んでいる場所ですから、不具合や改善したい点など、みんなが思っていることをまとめることからはじめましょう。
話をまとめずにいきなり業者に注文しても、その後、五月雨(さみだれ)式に細かい要望が出てきますし、欲も出てきます。これは業者にとっても工事の段取りを狂わせることにつながりますし、「気がついたら予算をオーバーしていた」「必要のないものまで変えてしまった」…などの問題が起こる可能性があります。
ですから、きちんと話し合いをして、改善したいポイントをまとめ、リフォーム箇所の優先順位をつけてから業者に依頼しましょう。そうすればスムーズに工事が進みますし、予算範囲内で本当に必要なところだけを優先的にリフォームすることができます。

▼sponsor▼





▼sponsor▼